ストーリー帖

ダンバイン 父と子

タイラー25話

紅 最終回

味っこ、卵焼き、お赤飯

とにかく段取りを省く

父が帰ってきた日

ヤマト古代と島(ブリーフィング)

愛の物語、西崎P、軽々しく発してはいけない言葉

ソーマ

マジンガー、破壊兵器、神にも悪魔にもなれる。

ポケモン、進化させてしまうと人間の手に負えなくなる。あらいぐまラスカル

ミッションを一つずつクリアする物語をやりたいが、難しい。


ナデシコ、要するに発刊するまでの物語、アバンはヒロインの夢、そこまでいかない。(よく考えたらお金がないEDみたいなイメージか)
ヒロインはもちろん元気印のユリカみたいな!でも不安もちゃんと抱えてる(見せない)

仮面の下は涙、能面のイメージ


ショートもので時系列シャッフルは有効ではないか(段取りも省ける)


↓「私的解釈の聖戦士ダンバイン」(時代劇っぽくはどうしてもならない・・・)
①科学(召還された現代人が科学技術にて生態メカを作る、素材はファンタジーのモンスターの残骸)
と魔術(魔術とか、オカルトとか、魔法とかでモンスターそのものを操る、遠隔操作する)が戦う

②戦局が進むうちに、敵見方が入り混じり、生態メカが敵に、モンスターが見方にも行く。

③現代人によって、操縦する必要のない生態兵器であるオーラーボンバーが出てくる。(強大な力を持つ)

④’すべての戦争当事者が現代に召還され、最終的にファンタジー世界の人間(現代人、現地人併せて)VS現代人という構図になる

⑤’両者が核として和解することはできないが、個々の登場人物ごとに小さな収束を見せる(離れ離れになった親子の繋がり、など)
スポンサーサイト

最初は草の根BBSから始まった

ゲームを極めることでニコ生主のような名声を勝ち取ることができる
→要するにユーチューバーを将来の仕事として目指す子供のような気分
ただゲーム自体を楽しいと思わなければいけない(その動機づけ、プレーヤーである理由)
主人公はやっぱりただゲームを面白がれる、勝つことに喜びを見出せるシンプルな動機をもった人物にすべきだろう。

主人公を導く人間、キンゲのゲイナー?みたいな
あるいは、姉?

キャピタルの概念、電脳コイルのお年玉○○年分

中盤の山場で出てくるララァのような少女

主人公のライバル、村雨憲次、ジェリド(大人に設定する)

ゲームという組織そのものをぶっ壊そうとする大人たち
→それに抗う子供たち?

現実の比重より社会奉仕活動としても経済活動としても金銭的メリットとしてもそれを上回り
むしろ仮想世界のみで衣食住以外の生活を賄い、充足することが出来る存在
→新世代のニュータイプ、何か固有名詞を作る(ピュアイリュージョニスト?とか)

あくまでも決闘ゲームであったものを組織化させ、企て、経済活動としての利益を追求せんとする、仮想世界で暗躍する民間企業
これらが多数勃興し、覇権争いを繰り広げる
主人公もそれらに所属することになる。
→どんどん仮想世界の比重が大きくなっていく
中卒で仮想世界で社会人として活躍する人物も現れ、社会問題となり、日本の常識が覆されていく

主人公は仮想世界でチヤホヤされることになり、
ゲームをやってきた本来の理由を見失っていく
最終的にはやりたいことをやっていると自覚することで、道を開いていく
その代わり、その代償を受け止めなくてはならないことを自覚する
ただそれに気づく警鐘を彼は現実世界で幾度となく受けるチャンスを得る

試合中はニコニコのテロップ出る

これロボットものですから
ダンボール戦機ですし
ロボットとのパートナー関係
ロボットをエイジシステムみたいなので仮想上で対決できると
そういう決闘の場としてのパートナーへの友情関係が一番出ていないとダメです
ってことはやっぱり友達は少ない設定の方がいいのか?

ユーリオワッタ。

ユーリオワッタ。
このアニメは個人的に大きな事件だった。
これよって平松デザインは女性たちに支持され、ほぼ彼女たちのものになった。
カレカノから20年、平松さんにとっても初めてに近いヒットとなった。
逆に言えばそれまで手掛けていた男性向けの作品では平松デザインとしては不発だった。

僕の個人的な見解、平松さんのデザインはスゴく男性的な魅力を感じていたけど、
それを支持していた同性のアニメファンは決して多くはなく、メジャーに押し上げる力もなかった。
キセイジュウの一件も僕は冷めた目で見ていたが、今回ユーリで当たったもののそれは女性層を取り込んだ結果だった。

要するに、男性アニメファンがスンばらしい平松デザインや作品をきちんと評価せずに20年怠慢を重ねた結果、
平松さんが男性向けのアニメを主軸に手掛けることの無意味さを痛感せざるを得ないだろうという結果に終わったのは、
アニメスタイルの画集発売を契機に、証明しているようなものだと思うのだ。

最後に、ユーリの1話は作画内容共にとにかく素晴らしかったが、同時に何か意地のようなものを感じた。
友利らメインの男性キャラクター以上に、とにかく女性キャラクターの芝居や仕草が見事だったのだ。

2015/09/05

[2015/09/05 0:14:10] ito改めグレミー・トト: ガルパンですが、どんな話したいです?
[2015/09/05 13:11:51] chokohame )ノ!_-j: 非常に精緻
[2015/09/05 13:15:12] chokohame )ノ!_-j: なキャラをマップ移動のように動かすシーンが数多見受けられるが、こういうのがいま求められているのだろうか、とか
[2015/09/05 13:22:45] chokohame )ノ!_-j: ほんとは千羽作画のフルショットのカット(廊下でわちゃわちゃやるとか)
[2015/09/05 13:24:48] chokohame )ノ!_-j: のくっそ上手さ
[2015/09/05 13:28:16] chokohame )ノ!_-j: を云々するだけでも十分に、ガルパンについて面白いことが言えると思うんですが、もっと大局的に、「ガルパンのヴィジュアルはどんなものだといえるのか
[2015/09/05 13:31:33] chokohame )ノ!_-j: ってところを追究したい。
[2015/09/05 14:50:35] ito改めグレミー・トト: じゃあ何でウケたかって話もそこに付け加えて候
[2015/09/05 14:55:21] chokohame )ノ!_-j: まあ博報堂だからっていうのもあると思うんだけどもwなんていうか、「けいおん以後」のものとしてのガルパンの位置付けっていうのはほとんどのアニメ
[2015/09/05 14:56:55] chokohame )ノ!_-j: おたくの枠組みっていうか、
[2015/09/05 15:01:15] chokohame )ノ!_-j: 認識スキームそれぞれであまり変わらないと思うんですけど、たとえば、ああいうアニメを今後のメインストリームとして考えるかっていう点ではかなり見解に相違が生まれると思う。
[2015/09/05 15:05:45] chokohame )ノ!_-j: で、種明かしをしておくとああいうヴィジュアルっていうのは、機能としては
[2015/09/05 15:06:32] chokohame )ノ!_-j: 桂作画が2000年頃に
[2015/09/05 15:07:00] chokohame )ノ!_-j: やってたアニメが持っているものだと思うんだよね。
[2015/09/05 15:08:14] chokohame )ノ!_-j: 桂作画の持つ「立体」がフィギュア
[2015/09/05 15:08:28] chokohame )ノ!_-j: (デッサン)になっている、と。
[2015/09/05 15:08:58] chokohame )ノ!_-j: ガルパンは作画のコントロール的(ポージング×タイミング)には
[2015/09/05 15:09:44] chokohame )ノ!_-j: 旧い感じ強いから手触りが桂作画のそれにすげえ似てる
[2015/09/05 15:09:46] chokohame )ノ!_-j: 。
[2015/09/05 15:11:46] chokohame )ノ!_-j: だから、あなたとお話しするには便利な作品かなって思うんですね
[2015/09/05 15:11:48] chokohame )ノ!_-j: 。
[2015/09/05 15:13:25] chokohame )ノ!_-j: ところで、itoさんは中妹とワルロマ観てるよね?
[2015/09/05 15:38:00] ito改めグレミー・トト: 見てるけど、語れないよその二つは
[2015/09/05 16:26:59] chokohame )ノ!_-j: その語れなさも作画を語るということのうちに含まれる
[2015/09/05 16:28:34] ito改めグレミー・トト: 公式の設定がほしかったけど出なかったしね、結構見所多かったんだけどね中妹は、ワルロマはぶっちゃけ興味ない
[2015/09/06 1:48:22] chokohame )ノ!_-j: おれはワルロマすっげえ好きですね。非常に良くできたアニメだと思う。 中妹のほうはすごく緻密な絵柄で、ワルロマのほうは非常にフラットというかセルっぽい簡単な絵柄、それぞれレイアウトの感じもちがい、また、かつてのフォルムかつゴリゴリな桂作画の絵柄とも異なるものだなと思ってて。
[2015/09/06 1:51:42] chokohame )ノ!_-j: そのあたりをガルパンの簡単でソリッドな絵柄と突き合わせて云々することになると思うんですけど、なにより、桂作画の原画としての仕事に着目できるっていうのはかなりレベル高いことだと思うんで、それで桂作画を媒介にしてあなたにお話しいただきたいな、と。
[2015/09/06 3:34:48] ito改めグレミー・トト: それ長くなりそうだねえ
[2015/09/06 14:09:14] chokohame )ノ!_-j: Aチャンネルっていう短縮ルートもあるけど黒田BBの絵柄について触れないといけないからなあ。
[2015/09/13 19:16:20] chokohame )ノ!_-j: シルバーウィーク
[2015/09/13 19:16:30] chokohame )ノ!_-j: はどうです?
[2015/09/13 19:16:45] ito改めグレミー・トト: ガルパン全部見るまでちょっとまって候
[2015/09/13 19:17:29] ito改めグレミー・トト: あと3本とアンツィオ戦再見したらおわるんで
[2015/09/13 19:18:07] chokohame )ノ!_-j: そんなしっかり見てらっしゃるのか
[2015/09/13 19:18:54] chokohame )ノ!_-j: 第7話とOVA1 だけでも見直そうかなあ
[2015/09/13 19:19:39] ito改めグレミー・トト: ガルパンは久能さんに言われる前から絵コンテも設定資料集も買ってたよ
[2015/09/13 19:20:58] chokohame )ノ!_-j: すげえ。フィギア並べて配信されるだけのことはある。
[2015/09/13 19:22:04] ito改めグレミー・トト: (設定買ったのは)千羽さんとか桂さんとか関係なく今のシンプルなキャラデザで自分が気になる最低限のラインで立体感があったってことだろうね
[2015/09/13 19:23:30] chokohame )ノ!_-j: まあ、お好きだろうなと思って題材に選んだわけですけどね
[2015/09/13 19:23:59] ito改めグレミー・トト: いや、好きではないんですよ、太ももは良いけど
[2015/09/13 19:25:59] chokohame )ノ!_-j: 西住殿にぞっこんだろうと思ってたんだけどなあ
[2015/09/13 19:26:48] ito改めグレミー・トト: デザインから伊藤岳史さんだったら絶賛したかもしれない
[2015/09/13 19:27:14] chokohame )ノ!_-j: そこでおれが優香里ちゃんの愛らしさを語るっていう
[2015/09/13 19:32:26] chokohame )ノ!_-j: 当時のAICの話したほうが面白いかもしれんなあ
[2015/09/13 19:32:40] ito改めグレミー・トト: ?
[2015/09/13 19:35:00] chokohame )ノ!_-j: ダイナマイト7ってすごくAICっぽいじゃないですか

色々あったけど

完成ggrgeg菊田幸一さんの描く絵がほんといい
これなんだよねって感じ
10年代に柳沢まさひでが、お嬢様特急が甦ったかのような(柳沢さん失礼)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR