スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ストーリー帖

ダンバイン 父と子

タイラー25話

紅 最終回

味っこ、卵焼き、お赤飯

とにかく段取りを省く

父が帰ってきた日

ヤマト古代と島(ブリーフィング)

愛の物語、西崎P、軽々しく発してはいけない言葉

ソーマ

マジンガー、破壊兵器、神にも悪魔にもなれる。

ポケモン、進化させてしまうと人間の手に負えなくなる。あらいぐまラスカル

ミッションを一つずつクリアする物語をやりたいが、難しい。


ナデシコ、要するに発刊するまでの物語、アバンはヒロインの夢、そこまでいかない。(よく考えたらお金がないEDみたいなイメージか)
ヒロインはもちろん元気印のユリカみたいな!でも不安もちゃんと抱えてる(見せない)

仮面の下は涙、能面のイメージ


ショートもので時系列シャッフルは有効ではないか(段取りも省ける)


↓「私的解釈の聖戦士ダンバイン」(時代劇っぽくはどうしてもならない・・・)
①科学(召還された現代人が科学技術にて生態メカを作る、素材はファンタジーのモンスターの残骸)
と魔術(魔術とか、オカルトとか、魔法とかでモンスターそのものを操る、遠隔操作する)が戦う

②戦局が進むうちに、敵見方が入り混じり、生態メカが敵に、モンスターが見方にも行く。

③現代人によって、操縦する必要のない生態兵器であるオーラーボンバーが出てくる。(強大な力を持つ)

④’すべての戦争当事者が現代に召還され、最終的にファンタジー世界の人間(現代人、現地人併せて)VS現代人という構図になる

⑤’両者が核として和解することはできないが、個々の登場人物ごとに小さな収束を見せる(離れ離れになった親子の繋がり、など)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。